2008/05/25

マレーシア人アーティストに結束の動き

以前、北京オリンピックのマレーシアテーマ曲のことは記事にしたのですが。

今回、日本でもライブを行ったことのあるピート・テオが発起人?となって、
新たなプロジェクトmalaysian artistes for unityが立ち上がったようです。
以前に比べると民族間の対立が目立ってきたことも今回のプロジェクトに関係しているのかな?
ビデオにはreshmonuやJason Loなど見知った顔のほかにも、
俳優や芸術家も出演しています。
ただ、いまのところ華人歌手の参加は少なそうです。



2 件のコメント:

うりちゃん さんのコメント...

お久しぶりです~。昨日上海から帰国した知人に、最新版週刊誌をもらったのですが、中華スターの四川大地震に対する寄付の特集号でした。ジェイ・チョウが、50万元、王力宏が、68万元寄付すると出ていました。マレーシアの華人アーティストも、何らかの形で、寄付とかするんでしょうね?できたら、みんなでチャリィティーアルバムとか作って、その収益を寄付にとか、いうことがあれば良いですね~。

china blue さんのコメント...

うりちゃんさん

ご無沙汰しています。中華系のひとたちのチャリティに対する意識はすごいものがあると日ごろから思ってきましたが、今回もそれが見事に発揮されていますね。ただ、なんでも金額に換算しちゃう傾向から、寄付金額でスターの格づけしちゃうのはいかがかと思ってしまいますね...。

マレーシアの華人歌手の合唱曲は発売になるのかな。まだよくわかりません。携帯向けダウンロードの売り上げを全額寄付にまわす歌手とか、張棟樑のようにイベントで寄付を募るとかはあるみたいですね。またKLで、チャリティコンサートの予定があるとも記事で読みました。

張棟樑の情報ばかりを追っているせいかもしれませんが、彼はチャリティの趣旨に賛同するファンを多く持っているように思いました。